« 音響メディアと歌声の変容 A002 | トップページ | 歌のレッスンの感想 Y003 »

2013年7月21日 (日)

発声は日常から気をつけてみる T002

プロ志向でない一般の方には、日常の会話やビジネス上での自身の発声改善を目的に来られる方が多いです。生徒さんと話をしていて、ときどき、なるほどと思うのは、声に関するちょっとしたトラウマ体験があることです。
「幼少期に声がかん高いと母親に言われ、低音のハスキーボイスで喋るようになった。」「高校時代にいじめられて以来、声が小さくなった。」「声の大きい人を見ると嫌悪感を抱き、自分もそうなのではないか」と気になるという生徒さんもいた。・・・やはり発声、喋り方と育ってきた環境とは切り離せないものです。
私がいつも生徒さんに話すのは、日常の発声を変えていくことが一番早道だ、ということ。私自身、そうしてきたし、今もそうしてきています。
普段の会話で急に発声を変えるのは、他人に変に見られるのではないか?とみんな心配するが、私の体験上、一度も指摘されたことはないです。それどころか実に楽しいものであります。(♭Д)

« 音響メディアと歌声の変容 A002 | トップページ | 歌のレッスンの感想 Y003 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事