« お知らせ | トップページ | お勧め 華原朋美さん R001 »

2013年7月 4日 (木)

トレーナーとアドバイザー V002

 私はこれまでも述べてきたことですが、現在の日本のヴォイストレーナーは、ヴォイスアドバイザーとヴォーカルアドバイザーになると思います。ヴォイスアドバイザーは役者、声優、アナウンサー、ナレーター、朗読の指導者になります。つまり、主として、今ある力を100パーセント確実に活かすための手法として次のようなことを扱います。
1、 全体のバランスの調整を仕上げ、
2、 発音、発声の安定、使い方や応用のアドバイス
3、 メンタル的勇気づけ
アナウンス学校やカラオケの先生を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。それに対して、ヴォーカルトレーナーというのは
1、 個々の要素の相違、分析と目標設定、調整
2、 心身や発声そのものの強化、鍛練、地力のアップと調整
3、 日常でのトレーニングや管理
これはパーソナルトレーナーを思い浮かべてください。徹底して個々を中心とするのは、当たり前のこととして、多くの研究や試行錯誤の上に専門家として、対処するのかの違いなのです。(この専門というのが一口で説明できないのですが。単に実技の経験だけでは無理ということです)

« お知らせ | トップページ | お勧め 華原朋美さん R001 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事