« お知らせ | トップページ | 声のレッスンの感想 K003 »

2013年7月18日 (木)

プロの育て方 V006

トレーナーにおいてのプロの育て方というのはどういうことでしょう。プロデューサーのように何千人のオーディションで最高の素材を選んで、歌を覚え込ませ、売れっ子作詞作曲家でヒットを演出させるという昭和の頃の歌謡曲、演歌のやり方はもはや、そう簡単には通用しません。今も売れっ子の作曲家やプロデューサーに近づけばチャンスと思う人もいるのでしょうが、それはあなたがすでに最高の素材であればのことです。
 彼らはすぐれた人材を選ぶこととそれをデビューさせることについてはプロです。プロデューサーは、声質や歌い方のくせにファンのつく魅力を見出したり、2,3年たてばアイドルになる子を見抜く点において、すぐれています。声をもっとも重視するというプロデューサーでも今やその割合50%がよいところでしょう。
 それに対し私は、声100%でみた上で表現力を別にして100%みる2つの基準をおいています。声と表現についてと業界や市場マーケットのことは、最初は別にすべきと思うのです。特にトレーニングにおいては、です。
 あなたがあなたを充分に発揮すれば、今の日本をきちんと生きてきたあなたは、今の何かを切り取ることができるのです。それは、私やここのトレーナーができないことだからこそ、それを浮きあがらせるレッスンをする価値があるのです。

« お知らせ | トップページ | 声のレッスンの感想 K003 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事