« 心理の分析 V033 | トップページ | 「 STAIRWAY TO HEAVEN」LED ZEPPELIN お勧めCD »

2013年8月18日 (日)

声は気力、集中力で変わる

人前で話して、声が聞こえないといわれたり、電話で何度も聞き返されたりしたことはありませんか。
 大体そういうときは、その声に覇気がありません。声が届かないのは、発声よりも、その人自身に相手に伝えるための必要な気力が満ちていないことが多いのです。
 声はコントロールするものですから、気力や集中力は、必要です。イメージとしては、声の焦点を絞り、集約させて、相手の方に向けて届けるようにします。相手の目をしっかりと見てください。先方にも受け止める準備をさせるのです。
 オペラ歌手などは、一流のスポーツ選手なみのパワー、反射神経をもち、超能力者さながら、声を気力で出しているといってもよいでしょう。伝えるためには、あなたの思いが必要です。その思いが大きいほど、伝わります。本気で伝えようという思いが、とても大きく影響するのです。
 話そうとするのでなく、伝えようとしてみてください。すると、その人なりに話し方のスタイルというのがでてきます。それを声とともに、よりよい方向へ高めていくのです。
 目的や自分を高める意識のないところで、声だけ伝えようというのでは難しいものです。話すときには、自分も話のプロという意識で取り組みましょう。

« 心理の分析 V033 | トップページ | 「 STAIRWAY TO HEAVEN」LED ZEPPELIN お勧めCD »

12)音声と表現の話」カテゴリの記事