« 判断レベル B003 | トップページ | 相手の心を捉える出だしの一声 »

2013年8月25日 (日)

勘は悪くもなる V040

さて、勘というものが「やっていない人のなかでは最初よくても、大ざっぱによいだけなので、そのうち(続けて学べている人のなかでは)よくなくなる」のが普通です。まさに、子供のころは天才、大人になるにつれ皆凡才になる。日本の教育では平均化を急がせますから、そうなりがちですが、ヴォイトレも同じです。
 
 トレーニングやメニュがどのようになるかというのは、トレーナーの処し方になります。このプロセスをみてみましょう。すると、大体は同じように「勘の悪くなること」が起きているものです。それを避けるために他にはない研究所としての総合的な機能をバックグランドで働かせていると思ってください。

« 判断レベル B003 | トップページ | 相手の心を捉える出だしの一声 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

発声と音声表現のQ&A