« 声の素振り V032 | トップページ | 声レッスンの感想 »

2013年8月17日 (土)

よくある欠点の直し方 T

声が口の中にこもりやすかったり、息の漏れがおおかったり、口の開閉が小さかったり、慌てて早口で喋ったり、共鳴が小さかったり・・・。大概共通するのは、低い音程で喋ってることです。そして声の抑揚幅が狭い。
実は、普段の喋るキーを上げて抑揚をつけてゆっくり喋るようにするだけで、随分と改善の方向へいくのです。もちろん、例外もあります。
高いキーで抑揚をつけて喋ると、先ず印象がいいです。見た目にも、自然と口角が上がるから朗らかにもなります。
「通る声になりたい」、「美しい声になりたい」、という生徒さんのほとんどは、本来その人持っているもっとも自然でクリアに出る声でしゃべっているような気がします。
そこに本当に気がつき、習慣化させれば、改善の道は早いのに実践していない人が多いと思います。(♭Д)

« 声の素振り V032 | トップページ | 声レッスンの感想 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事