« 赤ちゃんの脳研究 お知らせ | トップページ | 「100分de名著」 TVお勧め R »

2013年8月15日 (木)

当てになるヴォーカル V030

作曲家やプロデューサーは、ヴォーカルのフレーズでのデッサンを当てにしなくなった。いいや、もともと当てにしていません。アドリブ、スキャット、即興もありません。形だけ合わせる、そんな歌には未来はありません。
 海外ではオリジナルのフレーズに対し、トレーナーがより応用技を伝えていますが、日本ではその前にフレーズを、音色を、さらにオリジナルのフレーズを養成するところからやらなくてはいけないはずです。いえ、そういうことであることを気づくところから必要です。そうでない限り、今のまま、いくら海外のトレーナーについても真の実力としては大して変わることはないのは、その声からも明らかです。ヴォーカルとしては通じず、トレーナーとしての肩書として使うだけのものなのです。

« 赤ちゃんの脳研究 お知らせ | トップページ | 「100分de名著」 TVお勧め R »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事