« レッスン効果 | トップページ | 条件づくり B018 »

2013年9月10日 (火)

スケールで決まる[論2-4]

もう一つの理由は、音楽はスケール(調)でできています。クラシックは調律まで決めますが、ポピュラーでも平均律のスケールを使っていますから、一つの音がどの高さということよりも、ドレミ…(1オクターブ12半音)の音の組み合わせでイメージが決まります。平均律に正しいことが不快ということで、純正律で演奏している人たちもいます。
 どんどん高くしていけばよいということにならないのは、人間が使ってきた声や耳での捉え方という人類のDNAがあるためでしょう。ただし、このDNAについては、人類とか民族などとかでは、簡単に述べられません。DNAに特定の音の高さやテンポが反応するというのは、それぞれに比較すればもっとも大きな値の出る音高やテンポは出てくることでしょう。しかし、それを単音でなく基準音にした音楽となると、スケールの問題も入り、関係がなくなります。
 曲は全体の音の組み立てによってできていますから、ピッチとテンポを上げたら高まるというのは、かなり安易な手段の一つでしかありません。

« レッスン効果 | トップページ | 条件づくり B018 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事