« 喉の疲れと解放 V053 | トップページ | 宮本武蔵「五輪書」 お勧め »

2013年9月 8日 (日)

アイキャッチで視線を合わせる

 目の焦点を、相手にピタッと合わせましょう。
 相手が複数のときは、もっとも重要な人か、真ん中の人にします。

 大人数の前で話すときは、自分とあいそうな人や、よく頷いてくれる人にするとよいでしょう。
 すると早く落ち着き、自分のペースがもてます。視線を定めることで声も出やすく、聞き取りやすくなります。
 多くの人が、自分自身を見ていると思わせるように視線を使います。全員を見なくても、左後ろ、右後ろ、まん前と、三方向に目を配せば、充分です。あなたの手を動かしてみてください。その動きに視線がどのくらいついてくるかで、話にのせることができているかをチェックできます。

« 喉の疲れと解放 V053 | トップページ | 宮本武蔵「五輪書」 お勧め »

12)音声と表現の話」カテゴリの記事