« 熟達する B013 | トップページ | 藤圭子さんの追悼文  »

2013年9月 5日 (木)

優先とするもの V050

 

表現から入るとシンプルなことが、基礎から入ると迷路のようになることがあります。私は、プロの「歌唱」や「せりふ」のなかの声の目安を、「仮に」として、必ずどこかにおいています。これをマトリックスの縦に置くと、横に置かれるのは、それぞれの要素(声域、声量…)となります。3次元でみるなら、時間軸が必要です。器として大きくしていくにも、どこを優先するかによって違ってくるからです。
 昔は、第一優先条件が、声量(共鳴含む)であり、比較的、到達度合がわかりやすかったのですが、その後、日本では、あたかも声域のようになりました。これは個人差があり、また、素人は届けばよいが、プロは、使えなくてはいけないと言いつつ、その程度がわかりにくいものです。なぜなら音響技術でカバーできるからです。もちろん、声量が第一でなくなったのは、声量こそが音響技術でカバーできる度合が、もっとも高かったからでしょう。というまでもなく、元々、ボリュームを増すためにマイクやスピーカーは発明されたのですから。

« 熟達する B013 | トップページ | 藤圭子さんの追悼文  »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事