« 無駄、無意味をよしとする B022 | トップページ | 多くのトレーナーの指摘を活かす »

2013年9月14日 (土)

ヴォイトレの目的 V059

もっとも入りやすいところから入り、他をそれと同じにするのが、よくある発声練習、ヴォイトレと呼ばれているのです。しかし、私は、そうではなく、そこから他を揃えるまでに、もっとつきつめること、そして、その声をベターかつベストにしていくことが、トレーニングの目的だと思います。つまり、
1、 ベターをベストにする
2、 ベターに、そうでないものを揃える
目的には、この2つが必ず伴うべきなのに、大体はここまでいきません。いえ、できていると思って、甘いチェックで通り過ぎてしまうのです。2は1のために必要なのに、2は2で終わってしまい、1のベターがベストでなく、ベターでさえないものに劣化して、揃っていく傾向が、多くのトレーニングしている人にみられるのです。

 

« 無駄、無意味をよしとする B022 | トップページ | 多くのトレーナーの指摘を活かす »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事