« 歌わない B029 | トップページ | 鼻呼吸の勧め »

2013年9月21日 (土)

あえて矛盾させる  V066

私がレッスンで何人かトレーナーにつけているのも、早くあなたや声のなかの問題を矛盾であぶり出すためです。
 違うトレーナーがついて同じ見解、同じ方法、同じようなメニュで解決していけるテーマというのは基礎であって、それは課題にはなりますが、できてあまりまえのことにすぎません。
 そこは地道に平均点をアップをして、優秀に思われるレベルまでやっていけはよいのです。これを「レッスンとトレーニングでの実力の底上げ」と言っています。
 しかし大切なのは、その先、トレーナーたちの矛盾が出てくるところをどのように自力で解決していくかです。そこにその人独自の世界観が顕れるのです。
 ですから、vol.12で「バランスを崩すことを恐れるなら、むしろトレーニングではレッスンで整えたバランスの崩れを拡大してみること」を述べました。

« 歌わない B029 | トップページ | 鼻呼吸の勧め »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事