« 声レッスンの感想 | トップページ | 矛盾させる B056 »

2013年10月18日 (金)

意義と責任 [論4-4]

私が今、このことに詳しく言及するのは、その意義と責任を感じているからです。
 第一に、私のところにいらっしゃる方や質問をしてくる方は、どちらかというと真面目、かつ勉強熱心な方が多いことです。それが時として、新説や新理論に振り回され、考え方が片寄ってしまうことが少なくないからです。それがトレーニングの方向や、やり方によくない影響を与えるからです。
 第二に、私のところは複数のトレーナー制をひき、また、私自身セカンドオピニオン的な仕事を長く続けてきたからです。つまり、それは客観的であろうとする努力であり、同時に科学的、理論的、実証的であることを求めていくことだからです。
 第三に、「声のしくみ」(ヤマハ)を筆頭に、いくつかの著書にそういった成果を私なりに汲み取り、まとめ、発表してきたことに関係しているからです。その本で先に述べたようなことに関心をもった人もたくさんいると思われるからです。
 第四に、トレーナーにつく人や、なろうとしている人をたくさん引き受け、さらに連載「トレーナーの選び方」に、長らく、一人よがりを防ぐための客観的な立場を持つことの重要性を訴え続けてきたためです。

« 声レッスンの感想 | トップページ | 矛盾させる B056 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事