« 認知 B048 | トップページ | 声レッスンの感想 »

2013年10月10日 (木)

引用の使い方 V085

 引用するのですから、自分の論に絡めなくてはいけないのですが、案外と鋭い人には、面倒な解説なしに「○○が○○と言っていたよ」だけで済んでしまうのです。アナロジーのよさです。どんなことばも人間と同じく、その価値は受け止める人によるのです。
 とはいえ、同じことでもくり返し述べているなかで、わかっていく人がいるから、こうしてくり返しているのです。言っていることはいつも同じです。「本質を見抜き、自らに役立てる」ということです。「自らに役立てるように使う」「使えるようになれるように学んでいく」のです。
 なのに、残念なことに、まじめで勉強熱心な人ほど、「どれが役立つ」とか、「正しい」とか「間違っている」というクイズやゲームのようにしてしまいがちです。それは他人をはかっているように、実のところ、自らを貶めているのです。それでは宝くじに当たるよりも不利な勝負になります。
 当たりくじをみつけるのでなく、自分のくじを当たりくじにしていく、それが主体的に生きて学んでいくということです。
 教科書の中には、他の人の過去のことは書かれていますが、あなたの未来は描かれていないということです。

« 認知 B048 | トップページ | 声レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事