« 細部に B052 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

2013年10月14日 (月)

楽しむ前に V089

私の体験でも、プロとして、自立して一本立ちでやろうとする人には、楽しいとか楽しくないとか、そんなことではありません。聞く人やみる人が「楽しめるかどうかが全て」という、当たり前のことなのです。
 アスリートも、昔の特攻隊のようなオリンピックの日本代表の覚悟で、本番で却って実力を発揮できなかった日本人選手の反動として「楽しんできます」とか言えるようになった。そのために勘違いが加速されたとも思います。まあ、スポーツとアート、特にミュージックとの違いもあります。
 でも、百年の努力があって、ようやく人前で楽しむことに入れるのは、ダンスや音楽でも同じです。そのままアマチュア精神的なものをよしとしても、これは目的が違うだけです。
 ハイレベルな人のことばを、そのまま自分にあてはめてはなりません。
 プレイヤーやダンサーは絶対量が必要です。しかし、ヴォーカリスト、役者は量とはいえないために、楽しんで、そのままプロになれた人からそういうことが出るから、自分もそうだと思うと厄介ですね。

« 細部に B052 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事