« イメージとレッスン B062 | トップページ | 声レッスンの感想 »

2013年10月24日 (木)

気づく力 V099

 私は、月20曲に自分の選んだ4~10曲を加えて、年に240~360曲を、覚えられなくても、聞くように勧めています。できたら20~30曲から気に入った曲を8~12曲マスターしていけばよいのです。これでも甘いものです。
 ネタを入れ込んでいき、それがシェークされ、自分の強みをさらに強化し、弱みを補充するには、これしかありません。つまり、基準も材料も、ここから変わっていくのです。一流のものを入れておくことです。
 私は、なぜアマチュアの人が、多くのプロも知らないし、使っていないような発声の理論やヴォイトレの方法に振り回されるのかわかりません。
 プロは心身をつくってきたのと同時に、一流の声や歌を聴き続けてきた。歌はそちらが中心です。
 次に私が述べているように、同じように聴いても、入る人と入らない人、出てくる人と出てこない人がいます。そこで自分に気づいて変えていくことです。気づく人も、気づかない人もいます。しかし、こうして、気づくヒントを与えているのです。それこそがレッスンの中心です。

« イメージとレッスン B062 | トップページ | 声レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事