« 練習法 B063 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

2013年10月25日 (金)

遅れている V100

 ヴォイトレの分野は、取り組みも方法も人材も、結果の世界的レベルをみても、全てにダンスなどに比べ遅れをとっています。歌の客についても、文句を言える立場ではありませんが、とても優しすぎます。海外のように意志をはっきりとステージに伝える人などほとんどいません。ポピュラーで、実名で辛口なのは誰がいるでしょうか。私は批評家でないので、ヴォイトレを役立てようとする人に、ヴォイトレの可能性からのストレートなアドバイスをすることだけに専念しています。例に出している人たちには申し訳ないと思っています。が、有名税とお許しください。作品は批判しても、個人的な批判はしていないつもりです。
 未熟な分野は、そうでない分野から学ぶ方がよいと思います。私もいろんな未知の分野からの要望で、次々と新しい仕事をやらされましたから、いろんな先達を参考にしました。人間が行うことですから、やはり、全てに共通して通じる定石のようなものがあります。それをヴォイトレに関わる人には、先入観で狭めて妨げないでほしいと思うのです。トレーナーは主役ではありません。補助のサポーターであり、それぞれの人に未知の可能性はあるのです。

« 練習法 B063 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事