« いい加減 B065 | トップページ | 相手の声を読み解こう »

2013年10月27日 (日)

万能になりえない V102

 「万人にとっての万能なトレーナーはいない」
 専門外のことは紹介状で専門の人にまわします。しかし、音声については、あまりにも少なく、しかも、どこまでの専門で、症例をどうみて、そう対処するかは、まだまだ多くの課題があるのです。
 何人かの有名な先生をまわっても、かなり見解が違います。まして、ヴォイストレーナーはとなると。何でもできると豪語する村医者のような人もいます。が、次の点からみましょう。これは研究所のトレーナーに対するアドバイスです。
1. とても伸びている。→でも、別のトレーナー、別のメニュ、方法なら、もっと伸びた可能性はないか。(トレーナー、別のメニュ、方法など)このケースでも「早く伸びる」と「大きく伸びる」では異なることを述べました。
2. あまり伸びていない。→でも、別のトレーナー、別のメニュ、方法ならもっと伸びなかったのではないか。
これは、伸びる人はどのトレーナーでも、(ここの研究所以外のトレーナーについても)あるいは一人でやっても伸びるケースが多く、その逆では、当たり前のように誰についても声が伸びないことがあるという事実の確認です。

« いい加減 B065 | トップページ | 相手の声を読み解こう »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事