« 再会 お知らせ | トップページ | アプローチ B077 »

2013年11月 8日 (金)

効率で判断しないこと [論4-10]

 こうした理論家は、効率を最優先に考えます。「早く楽に上達すれば、それがよい」というのは、もっとも入門者や生徒さん、ビギナーを惹きつける魔法のことばです。しかし、「一日セミナーでよくなった」というのは、せいぜいワークショップや公開レッスンのための処方です。私自らもやったからわかるのですが、今、流行の「3週間で…」「1日で…」「3日で…」「1分内で…」の類と同じです。
 素人の固い体と頭をほぐせば声は出ます。そういうトレーナーのレッスンと、他のトレーナーのレッスン、あるいは、ヨガ、整体師、マッサージなどと比べてみるとどうでしょうか。その成果にたいして変わりはないのです。(リハビリのヴォイトレでも、その方法で元気を取り戻していく人にどのくらいプラスになったかは判断しようがありません)

« 再会 お知らせ | トップページ | アプローチ B077 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事