« 島倉千代子さん お知らせ | トップページ | 歌レッスンの感想 »

2013年11月11日 (月)

わざと忘れる V117

2ヶ月前になれば、わざと間違いを促す試みをしてみましょう。もう絶対に歌詞は見ないこと。覚えていなくても見ないことにします。
 レッスンでは、プロの場合は、本当に時間がなく、やむを得ないときもあります。私は「レッスンでは楽譜でも歌詞でも見てよい」と言っています。「本番のステージでも場合によっては、見ていい」とさえ思っています。ただ、ステージ上なので、ポケットから紙を出すのはダメです。堂々と楽譜を出し、見なくてはいけません。
 でも、慣れない人ほど、レッスンではうろ覚えであっても、ステージと思ってやることです。(プロなら前日や当日に最終版を渡されるケースもあるのです)
 そこで忘れたり、間違えておくことが最大の予防法だからです。私はリハで間違えたおかげで本番で救われたケースをよくみています。
 逆にリハがよすぎて本番がダメだったケースも多いのです。リハがよければ最大級に気をつけること。絶対に慢心したり、気負ったりしてはなりません。歌は生き物です。ステージも生き物です。

« 島倉千代子さん お知らせ | トップページ | 歌レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事