« 普通化、法則化にそぐわない [論4-15] | トップページ | 声レッスンの感想 »

2013年11月26日 (火)

トレーナーよりアーティストに V132

 トレーナーになりたいという人もけっこう出てきたのに、世界に通じる一流のアーティストを出した一流のトレーナーというのは未だ日本にいないのです。音楽については世界に出て学べというのですが、世界に出ても学べていない現状をみると、ますます一流のアーティストにストレートに学べということになります。
 なぜなら、一流のアーティストは自らのトレーナーとしては、トレーニングや日常の管理についても一流と通じるものを持っているからです。ただし、「○○はだめ」と言うようなアドバイスは、あまり聞かないようにしましょう。私が知る限り、アーティストには、おかしな、本人だけにしか通じないジンクスによるようなものが少なくありません。
 まあ、彼らは、「君の思い通りにやれ」ということでしょう。思い通りやらせないのは、限定された既製品づくりですが、日本人はそういうのが好きなのでしょうね。

« 普通化、法則化にそぐわない [論4-15] | トップページ | 声レッスンの感想 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事