« 相手を知り、我を知る V147 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

2013年12月11日 (水)

「みずいろの雨」八神純子さん A023

 先日の“Songs”で中島みゆきさんの陰に八神純子さんがいたと。つまり、グランプリが獲れなかったというので、ポプコンの話にいつかつなげようと思います。八神さんは、「たそがれマイラブ」「シルエットロマンス」の大橋純子さんとセットで私には入っているのですが、いつも出てこないのです。この歌唱力の存分に発揮された曲は、とても難しく、扱いきれなかったことも原因かもしれません。ミルバの「愛はるかに」ではありませんが、世の中にはあまりにパーフェクトすぎて、よい歌なのに、カバーが出ない、歌えない、歌いたくない、もうその歌手でその歌唱があれば充分というものがあります。(これは、戸川純さんとか椎名林檎さんなどのとは別の意味でです)
 余談ですが、日本のトリビュートやオマージュ、特にこのところのは、「好きだから選曲した」「売れるから選曲した」の間で迷っているくらいで、本当に大切な「私が歌えばこの曲はこれほど魅力になる」「私の才能を開花させる材料としての選曲」があまりにもありません。カバーヒットブームの先駆けとなった徳永英明さんはよいとしても、そのあとに続く人のは、あまりに芸のなさを出してがっかりするのもたびたびです。

« 相手を知り、我を知る V147 | トップページ | 歌レッスンの感想 »

11)福島英のアーティスト論」カテゴリの記事