« スクールでの限界 V137 | トップページ | 会報12月号 お知らせ »

2013年12月 1日 (日)

アイスブレークから

 たとえば、本当は空いては
 ・ただ時間をつぶしたい
 と思っているのかもしれません。
 ・あなたのことを知りたい
 ・親しくなりたい
 ・情報を得たい
 と思っているのかもしれません。その目的によって、声も話も違ってきます。

 

 他人行儀で始まるのは、初対面では当たり前です。でもそこから、初回でも、何回かあとでも、声が働きかけあう、つまり気持ちの通じ合う関係になれるのかどうかが、大切なことです。
 ビジネスで飲食をともにして、ともに時間を過ごす、ゴルフや旅に連れ添うのも、心のアイスブレークなのです。それはまずは、最初の挨拶、社交辞令的なことばのやりとりでのことばでなく、声で決まります。声でこそ、気持ちでの触れ合いが伝わるのです。

« スクールでの限界 V137 | トップページ | 会報12月号 お知らせ »

12)音声と表現の話」カテゴリの記事