« 実践レベルをめざす [論4-21] | トップページ | 「壊れかけのラジオ」徳永英明さん A024 »

2013年12月18日 (水)

問題なしの問題 V154

ヴォイトレなのに声が不在というのを、私のようなヴィストレーナーが述べているのは、「医者に殺されないための本」を医者が書くようなものです。あるいはCIAのエージェントがリークする内部告発?とはなりませんでしょうか。
 私はトレーナーの不正や非を訴えているわけではありません。薬をたくさん出してくれという患者に、好きなだけ出す医者は儲かりますが、トレーナーはそんな自覚も不正感も持っていません。その医師は、相手の体調が悪くなることを知っているなら大罪です。避難されてしかるべきです。でも、人により効果はかなり違うものでしょう。
 私も、彼ら(トレーナーというか、私自身もここのトレーナーも含めて)を非難の対象とも思いません。
 しかし、トレーナーは「こうしてください」に対して「こうしました」そして「ありがとうございました」とお礼を言われてwinwinで、適正な謝礼をもらっているのですから、何ら問題はなし、というのが問題なのです。これまで他の業界で起きるような改革改善などもあまり聞きません。まだまだ質も高くないし人数も多くないこともありますが…。

« 実践レベルをめざす [論4-21] | トップページ | 「壊れかけのラジオ」徳永英明さん A024 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事