« 声レッスンの感想 | トップページ | もっともふさわしい声で応じよう »

2013年12月22日 (日)

判断の深さ V158

 よくこのような例で比較しています。
1、 早く(半年くらいで)1,2割よくなるが3年くらいで(早ければ1年)進歩が止まる。
2、 一時、実力は落ちるが、3年くらいから(人によってはコンスタンストに)伸びる。
「歌や演技は応用で、声が基礎」とすると、基礎が応用に効いてくるのは後からなのです。徹底した基礎をやりたいと言う人が、その期間として「2,3ケ月くらいで」と言える時代になりました。
 基礎にもピンキリがあります。世の中、それなりにまともに評価されている芸で、徹底した基礎というなら、10年を切るものなどありません。
 ですが、2,3ケ月の基礎どころか3日とか3週間でできる基礎、それどころか、目標達成のできるというようなチャッチでレッスンが売られている時代です。
 それをいうなら、私も「読むだけでよくなる」というような本を出している、と言われかねないのですが、それは、基礎の力が応用に転じられない人へのヒント集だからです。
 多くの人には3ケ月くらいでは「基礎とはけっこうかかるものだ」とわかってもらうためのレッスンです。この3ケ月のことで目的はOKというなら、やめればよいのです。あとは本当の基礎となるまで自分でやるというならそれも自由です。基礎の深みがわかることが、まずは基本ということでしょう。

« 声レッスンの感想 | トップページ | もっともふさわしい声で応じよう »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事