« トレーナーのイス お知らせ | トップページ | 文字への思い入れ V177 »

2014年1月10日 (金)

プラシーボ [論4-28]

理論や知識は+αで使うべきものであり、その前提として、心身の条件、状態を整えるだけでなく鍛錬がいると思えます。今の歌手の喉は昔の歌手ほど、心身共に鍛えられていたレベルに到底達していないとするなら、そこを補うところからスタートです。
 それなのに、心身が使えないゆえに心身のリラックスがヴォイトレのメインとなり、ちょっとした科学的な知識や理論がプラシーボとして大きな効果(マイナスをゼロにする)をあげているというのなら笑止千万です。こうしたトリックの中に関係者の多くが巻き込まれるということに気づくべきだと思うのです。

« トレーナーのイス お知らせ | トップページ | 文字への思い入れ V177 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事