« 「グロービッシュ」の登場 V183 | トップページ | 声の色 [論4-30] »

2014年1月16日 (木)

同じワードを同じ調子で繰り返さない

 かつてサッカーのゴン、中山雅史さんは、試合後のインタビューで、ほとんどを「そうですね」で返していました。今はボキャブラリーも豊かになりましたが、単調に続かないように、少しずつ調子を変えてみることです。
 ちなみに、よく使われる「大変ですね」「違いますね」も、「言っていません」「知りません」も、よいイメージではありません。それでも、明るくいうと、かなり違ってきます。

●気持ちを伝えるための共感ワードのトレーニング
 「いいなあ」「よかったですね」「おつらいでしょう」「しんどいですね」「困りましたね」
 こういうことばのトレーニングほど、声が変わってくるものはありません。

« 「グロービッシュ」の登場 V183 | トップページ | 声の色 [論4-30] »

12)音声と表現の話」カテゴリの記事