« やれるようにやる B080 | トップページ | 客観視する B081 »

2014年2月 4日 (火)

タブーとはいえない [論5-7]

仲代(達矢)流の喉の鍛え方も一流のなかでは、一理あるのです。当時は、体も鍛えていましたから、筋トレの筋肉再生理論のような感じで声にも応用されていたであろうことは想像に難くありません。
 ただし、ストレートに筋肉の理論が競技に影響するアスリートと、呼吸を音声の変換として使う発声という特殊なメカニズムが生じる歌手=アーティストを一緒にはできません。
 

« やれるようにやる B080 | トップページ | 客観視する B081 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事