« キィワード B103 | トップページ | 具体的なシーン B104 »

2014年2月27日 (木)

再生とは [論7-14]

よく私は再生とか再構成とか、リストラクチャリングというのを作品について述べますが、再生というのは、再び生まれ変わる、つまり、親から生まれた第一の誕生で人間となって、あとに思春期を中心に自分の人生を選んでいく、第二の誕生をするのです。役者や歌手になるのも同じことではないでしょうか。
 なりたいという憧れで、養成所や劇団やバンドやミュージカル劇団に入ったのは第一の誕生、そこで自分の限界にぶつかり、自分のできることを発見します。そして、自分の個性=オリジナリティを確立し、自分でしかできない世界をつくるのが第二の誕生です。
 歌手は、最初に憧れの歌や歌手から入るので、同じように歌いたいということを目的にします。しかし、そのままそのようになることはありません。そこから独自の声や歌で勝負できるものを掴み出し創造していかなくては、売り物になりません。

 

« キィワード B103 | トップページ | 具体的なシーン B104 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事