« 喉を壊さないという目的の是非 [論5-4] | トップページ | 2月号 NO.270 お知らせ »

2014年2月 1日 (土)

レッスンとステージ B078

その人の意図を、どういうイメージをもって、どう解釈して、どういうふうに歌おうとしたかというところを見て、そのことに対して、どのくらいできているのかというところで、発声、そのためのヴォイストレーニングをみます。
 歌になったときは、声のよさ、流れ、歌詞と別なのですね。レッスンでの発声と、ステージで期待される歌い方は違っていい。両面からやっていくべきだと思うのです。
 ステージングということになると、一般の観客を対象にした現場中心となります。タレントやアイドルへのアドバイスに、曲の本質的な部分は、なかなか表れてこないのが現状でしょう。年配の人だと、知っている歌ではイメージ想起力になってきます。
 

« 喉を壊さないという目的の是非 [論5-4] | トップページ | 2月号 NO.270 お知らせ »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事