« 鼻声の3タイプ [論6-3] | トップページ | 「成り立つということ」 [論7-1] »

2014年2月13日 (木)

発声で動かさない☆ B090

マイクがあるとそんなに気にならないのですが、癖にまでなると全部でてしまい、説得力が弱くなってしまうのです。今の段階ではきちんと入れて動かしていく。
 細かく考えても細かく動かない。発声がいい状態でうまく感情が入ったり、音楽が入っていると本当に細かく動いていくのです。発声の勉強はしておくのですが、発声で動かしてはいけない。状態だけをキープしながら自然にやればいい。
 だから、自分が得意なところに関しては計算しないでやっている中で、声にまかせてやればいいのです。けれども、その状態が悪くなったり、不得意なところに関しては、イメージで正すのです。
 発声で正そうとしたら、それこそフラットしたりする。そのイメージの中で気をつける。大きさでも、きめのこまやかさでも、やってみればいいという感じがします。

« 鼻声の3タイプ [論6-3] | トップページ | 「成り立つということ」 [論7-1] »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事