« 「成り立つということ」 [論7-1] | トップページ | 文化放送  »

2014年2月14日 (金)

仕込み B091

材料があまり入らない。そういう意味では、同じ曲を複数でやってみればいいのではないかと思います。
 グループレッスンというのは、ある時期まで、よく伝わる。場で伝わる。一人になったときには、ずいぶん引いてしまうのです。10人くらいでやっているときにすごくうまい人が、ソロでやってダメになってしまうのです。
 役者は常に誰かとやっていくものですから、グループでの作用で勉強していけばいいのでしょう。けれども、ヴォーカルの場合はその辺がどうなのでしょうか。
 

« 「成り立つということ」 [論7-1] | トップページ | 文化放送  »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事