« 「台詞と科白」☆ [論7-2] | トップページ | 「昭和の歌よ、ありがとう」☆ [論7-3] »

2014年2月15日 (土)

肉付け B092

歌というのは長くやっていると歌えるようになります。ただし、そこでやっているようなことは、だいたい3~4年もたってくると頭打ちです。実は全然ついていないのだけれど、骨のほうがわかるようになってくると、もつようになるのです。
 そこに後は、人生経験、思いとか自分の考えていることや体験していることがどういうふうに歌の中に反映してくるかというようなことになってしまうからです。
 つらい思いをしたり、苦労をしたほうがいいのですが、イマジネーションの世界です。苦しい思いをしたからといって、歌に結びつくわけではない。結果として、肉づけをしていく作業をやらなければいけない。でも、それで骨が崩れてしまう場合も多い。
 

« 「台詞と科白」☆ [論7-2] | トップページ | 「昭和の歌よ、ありがとう」☆ [論7-3] »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事