« 成り立つ基準 [論7-9] | トップページ | 理想とのはざまで [論7-10] »

2014年2月22日 (土)

シンプルなフレーズにする B099

 いろいろなことをやろうとして、そういうことが効果を上げていないという時期、効果を上げないのであれば、シンプルに処理をしたほうがいい。全部シンプルにしたらつまらない。どこかに何かが置けるとしたら、何かが決まってくる。それが筋立てです。直せる部分はあるのでしょう。
 それによってはバサッと切ってしまったほうがいいフレーズも出てくる。膨らませたほうがいいものも繰り返したほうがいいものもある。いいものを繰り返し、いいものを膨らませないといけません。あいまいなところやうまく定まっていないところは、持たせているだけ、作品としては削らないと雑なものになってしまいます。
 歌い方として、ていねいに歌うために、名曲でスタンダードなもので発声したほうがいいでしょう。
 

« 成り立つ基準 [論7-9] | トップページ | 理想とのはざまで [論7-10] »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事