« 声の想定 V197 | トップページ | ことば以前と省略形 V198 »

2014年3月15日 (土)

一流の条件 [論8-12]

 月に1~4回のライブで中6日休みの取れる人と、毎日のライブやステージをやる人には求められるレベルが違います。オペラで正味30分以上歌う人と、合計3分しか歌のない人も違います。ボールを1球だけ投げるのと、一人で9回まで100球以上連投するのも違います。一流であるほど、強靭な肉体とそれを上回る精神力が求められるのです。
 反面、声に関心を持ったり、ヴォイトレに通う人が、その最低条件を満たさなくなってきています。そのためヴォイトレも過保護にならざるをえないわけです。
 たとえば、混乱したり、一時下手になって先が見えなくなるようなことは、どんなトレーニングをしていても起きることです。それが基礎であればあるほど、副作用というより、心身、感覚を変えるのですから当然です。
 それを恐れて、これまでの自分の感覚を守ろうとすると大きく変わる可能性もなくなります。しかし、そういう場合は少しずつ時間をかけるのが唯一の手段です。

« 声の想定 V197 | トップページ | ことば以前と省略形 V198 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事