« 動かす B124 | トップページ | 投げて戻す B125  »

2014年3月31日 (月)

老化しない [論9-3]

 老化の傾向は、それを意識するということでは、確かにあります。昔なら起きなかったことを体の機能や生活のなかで感じることがあります。
 すると、少しでも時間を体操や初期の頃の発声トレーニングにあてて、戻そうとするわけです。その意識の継続こそがトレーニングのベースです。
 あまり、食べなくなった、体重をも増えなくなった―なども、仕事というか、コンディションの乱れを嫌がる自意識が制御し始めているのでしょう。そして、心身の問題に自らが面して初めて、本当の意味で学べるのでしょう。
 幸いなことに、研究所ですから、私一人でなく他の人を巻き添えにして、パーソナルトレーニングを行えます。(パーソナルトレーナーというのはフィジカルトレーナーのことと思ってください)同じ施術がどう効くのか、人によってどう施術が違うのか、そのビフォーアフターや、その先1週間後、1か月後のことなど、はるかに多くの情報が得られるわけです。そこで、声と体との結びつきについて、改めて多くのことを学ばされています。

 

« 動かす B124 | トップページ | 投げて戻す B125  »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事