« やり方+α [論8-14] | トップページ | 音色と味 V200 »

2014年3月17日 (月)

どこまで B111

今や、やったからといって、これだけの効果があらわれるかというと、すぐには出てこない方が本質的なものでしょう。音響が発達して、エコーによって、何とでも聞こえてしまうわけでしょう。
 ポップスである以上、それを踏まえなければいけない、エコーをかけるところにビブラートをかけたりすると、なおさら乱れてしまうわけです。
 実際にこういうふうに聞かせたいときに、最低限どこまでのことをやるのかということです。ここのところでこういうふうに踏まえておくと、ここまで聞こえる。それをどこまで受け止めるか。

« やり方+α [論8-14] | トップページ | 音色と味 V200 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事