« 生活と声 V204 | トップページ | 声の感じの力 V205 »

2014年3月22日 (土)

アンチクリエイティブ B116

 今の人はあまり声を聴きたいわけではないから、歌手が保守的になります。声のところでのライブ、即興、冒険では、粗がみえ、フラットしたり、リズムのノリが悪くなってしまったり、何かが起きてしまったことのほうが、目立ってしまいますね。重くなってしまう。
 だから本来は、動かせる部分をさっと動かして、後は投げ出すような感じの歌い方です。投げ出し方を、ある意味のいい加減さをこういう見本から学んでもらえばいいですね。

 

« 生活と声 V204 | トップページ | 声の感じの力 V205 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事