« 現実への対処 [論8-6] | トップページ | ホームページ お知らせ »

2014年3月 9日 (日)

喃語は、歌 V192

 ことばと歌と、どちらが先かというようなことは、定義にもよります。そもそも、この2つを明確に分けることはできるのでしょうか。本当はできないのですが、それぞれに便宜的に分別しているわけです。しかし、私はストレートにことばのない歌、スキャットなどを考えたらすぐわかることだと思います。
 ことばをもたないものとして動物をあげました。聖書では、言葉のないものは人間でないということですから、赤ん坊はまだ人になっていないのです。
 生まれてからの言語習得プロセスをみると喃語という、いうなれば、ムニャムニャ語の時期があります。このときになんとなく節回しがついていて、鼻歌のように聞こえるものもあります。「ダアダアダア」とか「アーアーアー」とか、これは歌としてみてもよいと、私は思います。

 

« 現実への対処 [論8-6] | トップページ | ホームページ お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事