« 毎日のステージ [論8-7] | トップページ | リラックスの限界 [論8-8] »

2014年3月10日 (月)

ダンスのように V193

 リズムは、心臓や脈拍、呼吸の動きと、足を蹴る、ゆするなど、くり返しの動きから生じてきました。もちろん、風や雨や川の流れなど、自然の音からも入ってきたリズムもあります。
 メロディの先駆けとなる節(ふし)も、まわりの音や自分の内部感覚から心地よく、あるいは悪く、取り出されてきたのです。つまりは感情の表出ということになります。ちなみにお笑芸人の3人組のロバートのネタに、何でも節(ぶし)にして歌ってしまう村人のネタがあります。
 ヴォイスパーカッションで世界的に有名なのは、日本人のdaichiさんとhikakinさんです。それに対して、ボディパーカッションというのもあります。手を打って、足を踏みならす。このあとは舞踏、ダンスと歌、音楽の歴史をひもとけばよいでしょう。

 

« 毎日のステージ [論8-7] | トップページ | リラックスの限界 [論8-8] »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事