« レッスンと施術の違い [論9-5] | トップページ | 身につける [論9-6] »

2014年4月 2日 (水)

獲得すべきこと☆ B127

クラシックのやり方がポップスに入ってくると、ポップスの中でも共通のやり方があるのではないか、あってほしいという願いが出てきます。トレーナーの出現はそういうことです。そこに、あたかも確かな基準をつけなくてはいけなくなってきます。すると上達するものに対して、ランクを付けることになります。そして、それにそって磨いていかなければいけなくなるのです。  以前のようにオペラと同じように見ることもできていた時代、マイクがなくて勝負できた時代は、それなりに基準がつけられたと思います。  声がよかった人は、それでよかったでしょう。声が大きく出る人はそれで条件を満たしていた。ところが今みたいに音響技術で何でもできるようになってくると、獲得すべき条件は何なのかが曖昧になります。それこそが自由というもので、より活かせばよいだけのことです。

« レッスンと施術の違い [論9-5] | トップページ | 身につける [論9-6] »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事