« やれているのかどうか [論10-1] | トップページ | 一般論では答えられない理由 [論10-2] »

2014年4月25日 (金)

コラボ B150

 どんどん切ったあとに、どこは伸ばさなければいけないのかと考えていくことです。切ったところはバンドが何かしてくれる。と考えていれば、わずかな箇所において、自分自身にどんなフレーズあるのか、どんな音色を置かなければいけないのかというようなこと、コラボして考えていったほうがいいわけです。

 

« やれているのかどうか [論10-1] | トップページ | 一般論では答えられない理由 [論10-2] »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事