« 共鳴 B148 | トップページ | 回す B149 »

2014年4月23日 (水)

育てる  V223

私が私一生徒でなく、研究所(私―トレーナー)―生徒、もしくは研究所、私―(トレーナー―生徒)というような2重構造を取っている意味を理解していただけるとよいのですが。もう一つ、カリスマトレーナーがいても、その一代で終わってしまうということも、これからの日本を考えると頭を離れない問題です。
 私も私にしかできないこと、トレーナーでもできること、トレーナーの方ができることと分けて、絞ってきました。
 また、分野を超えて、声というのは全ての基礎ですから、いろんなところと関わってきました。
 私が頼まれたこともできるだけ、次の世代のトレーナーへ移すようにしてきました。早く後進に経験を積ませなくてはなりません。今の日本は上の世代の方がいつまでも力を持っています。特に団塊の世代のリーダーシップ力が強いほどに、長く続けるほどに、次の世代は、やがてとんでもない苦難に直面します。4年生が卒業しないでずっと試合に出ているようなのは、後進のためによくありません。

 

« 共鳴 B148 | トップページ | 回す B149 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事