« 勝負 B155 | トップページ | 何かしらの基準 B156 »

2014年5月 1日 (木)

成果、実績について [論10-7]

ここが、どこよりもすぐれているから、有名人や有名なところから人が来るというのではありません。「他に勧められるところがない」と、医者などはよく言っています。ただ、本を書いていると、そういう人が来る確率も高いのです。ここをやめた人が、そういう方のところにお世話になっていることもあるので、持ちつ持たれつ、本人にもっともよい選択ができたらよいと思っています。  来るもの拒まず去るもの追わず、私は前のトレーナーのところをやめることを勧めません。そういうトレーナーに「生徒を取られた」などと思われるのは困りますから、できたら両立できると、より理想的だと思っています。ここのレッスン以外からも気づきを得られるなら、それもよいことだからです。相手のよいところを活かせる力こそが、学ぶための力です。  そのために時には他のところのトレーナーのレッスンの意味や意図を解説してあげることもしています。かなり肯定的にとらえて、批判や否定はしません。ここでレッスンしなくてもハイレベルになる人もいますから、ここのトレーナーには「何でもここのレッスンの成果とはいえない」とも言っています。そういう人が長くレッスンを続けていらっしゃることが、ここの実績と思うようにしています。他のところでダメだった人が、少しでも成果を上げると、とてもうれしく思います。  

« 勝負 B155 | トップページ | 何かしらの基準 B156 »

16)EiのQ&A(論点)」カテゴリの記事