« 内装 お知らせ | トップページ | 習わしと慣れ V246 »

2014年5月24日 (土)

BGM B179

新しいかたちで出てきている歌い手もいるけれども、もう、ほとんど歌の力ではない。今さら歌の世界をわかりにくくしても仕方ないので、素直に心地よさだけで効くようにもなりました。つまり、表現でなくBGM。
 芸などでは、お笑いなどでみるように、とんでもないようなところから出てくることもある。それもなじんでしまうと、ある程度、位置づけ、分類ができる。歌の場合も、声とか曲とか、スタンスでは分類できるのでしょう。けれど、接点という部分ではあいまいな気がします。芸の力がなくても許容されるのが21世紀の歌であってもよいのだと思うのです。
[完]

« 内装 お知らせ | トップページ | 習わしと慣れ V246 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事