« 基本と極端、はみ出し V244 | トップページ | タフさ V245 »

2014年5月23日 (金)

邦楽の声 B178

きちんというために力が部分的に入って、本来なら流れにのれているから、離しても大丈夫なような声をいちいち締めてしまうようなくせがついてしまうと、喉をいためざるをえない。発声から考えるとよくない。舞台から考えたらやむをえないときもあります。邦楽によくみられます。声の安全のところから演じているといい演技にはならないでしょうからね。

 

« 基本と極端、はみ出し V244 | トップページ | タフさ V245 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事