« 伝える B163 | トップページ | 基準と感覚 B164 »

2014年5月 8日 (木)

正道のプロセス V230

 レッスンにおいて声だけでなく歌においてもオリジナルのフレーズを求めざるをえなくなったのは、私のヴォイス本が「ロックヴォーカル基礎講座」というタイトルで最初に出たせいかもしれません。ロックのヴォーカリストになるノウハウの本と思った人が少なくなかったのです。
 本でロックヴォーカリストになるという、ありえないような誤解は内容をしっかり読めばおきないように書いてあります。この本は、ほとんどヴォーカルのことに触れずに、声のこと、その声の鍛え方や管理のしかたを述べた初めての専門書だったからです。
 ちなみに、この本で芸人や邦楽、外交官や政治家といった勘の鋭い方もいらっしゃることになり、こちらとしては大いに勉強にもなり、自信にもなりました。素人がプロのロックヴォーカリストとして活躍するより、現実として、異分野の一流の芸やビジネスであっても国際舞台で通用する成果につなげられたからです。(ここでは、本当に声の力は1割です。その評価なども大いに検証すべきですが)
 私としては、元より、日本人にとっては、直にロックなど欧米レベルのものを歌っていくよりは、体というか、声のレベルが違うのですから、役者レベル(当初は結構高かった)の声に3~5年で達してから歌えばよいという、否定することなどありえない正道のプロセスを示したのです。
 同時に、若いお笑い芸人や漫才師、噺家などもいらしていました。声の力、やる気、センスなどをみて、業界の中心が歌からお笑いの世界に変わることは、90年代にはすでに明らかでした。それゆえ、歌が声の力から離れていったのです。ロックをやろうとしたなかで、テクノやシンセサイザーの方へ鋭敏なアーティストが動いていったように私は思っていました。

« 伝える B163 | トップページ | 基準と感覚 B164 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事