« 鍛える B172 | トップページ | 順番 B173 »

2014年5月17日 (土)

ど真ん中の声 V239

自分の声を聞く。「そのなかに本物の声が必ずある」とはいいません。この声は、思いとか言いたいことではなく、そのまま声という意味です。本物の声というとわかりにくい、誤解を招きやすいので、私は、「あなたのど真ん中の声」と言います。  バッターでのど真ん中はストライクゾーンの真ん中ということになりますが、私がいうのは、そのバッター個人のど真ん中、つまり、彼がもっともホームランにできるコースを示していると思ってください。  ですから、私は最初のレッスンでは、音の高さも声域、歌詞も、曲も全てを無視することもあります。  一声だけ、最もよく出せるところで、声というもの、発声と言うものを徹底して把握するように言ってきました。声を伸ばすだけ…しかし、そこに何ら感じられない人がどうして本物の声などにたどり着けましょう。  声はトータルの1割と述べましたが、数秒の声一つで、ある瞬間には全てになります。1フレーズあれば、歌手は感動させたり、エンディングを魅力たっぷりに聞かせたりできるのです。

« 鍛える B172 | トップページ | 順番 B173 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事