« ホームページ お知らせ | トップページ | 「レッスンからトレーニングへ」 V262 »

2014年6月 9日 (月)

声の効用  B195

自己満足しないためにレッスンを続けていく。歌というのは、自分だけのものではありません。自分の中で飽和していても、そこの時点ではまだ歌とは言わない。
 歌といっても、健康のためとかストレス解消のためとか、カラオケのような感じで使われている場合もよくあります。音楽療法と同じで、声を出すということは精神的な問題を解決することにもなります。声が出せないと、ひきこもりになったりうつになったり、悪い状態になるということもあります。社会性をもちコミュニケーションをとっていく方法として、声自体も使われるのです。
 

« ホームページ お知らせ | トップページ | 「レッスンからトレーニングへ」 V262 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事