« 表現の目標 V280 | トップページ | 「結果オーライ」という理論 V281 »

2014年6月28日 (土)

おかしい B214

日本の歌は喋ったほうがいい。楽屋で女の子が喋っていると、面白くて個性的なのに、舞台に上がって歌になると、一様につまらなくなります。同じ動きをして同じ間の空け方をする。合唱団の楽屋裏に行くのも楽しい。並んで歌ってしまうやいなやつまらない。これは教育の現場、トレーナーたちもおかしい。
 日本人の精神的なものがそういうふうに、一つの目的に対して組み立てられたときに、おかしくなるという例の一つです。おかしくなっても頑固に守りたい人がいる。
 

« 表現の目標 V280 | トップページ | 「結果オーライ」という理論 V281 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事